広島地域 8ch

毎週日曜日 あさ6時45分放送 (月曜日 深夜再放送中)

独自の価値を創造する中小企業をテレビ新広島とTSSプロダクションが総力取材

放送内容 過去に放送した番組をご覧ください。

2016.01.17 O.A.

賃貸経営の革新 広島発祥の民間資格

一般社団法人貸家経営塾
とある賃貸オーナーの現状

賃貸物件の経営者には、あまり知られていない現状がありました。
それは市内のワンルームに、借り手が着かないことでした。
広島駅まで10分という好立地でもワンルームの人気は向上しませんでした。

一方、共同住宅を2軒の戸建て賃貸に作り変えた賃貸オーナーは、早々に、ファミリーでの借り手が見つかり、賃貸経営の不安から、開放されました。

ふたつの物件の明暗を分けたものは賃貸市場の、需要と供給への理解でした。

総務省統計局のデータを集めて分析した結果
木造アパートで約30%空室、
賃貸マンションで約20%空室となっています。
また、24平米以下の物件が約370万戸、過剰供給。
ファミリー向けの広い物件が380万戸、不足しているというのです。
(※総務省統計局「平成25年住宅・土地統計調査」より)

広島発祥の民間資格

こうした住宅市場の現状を理解し、賃貸経営をバックアップするために生まれた、広島発祥の民間資格。
それが貸家経営診断士と貸家経営アドバイザー。
認定をしているのが、広島市東区にある、一般社団法人 貸家経営塾です。

塾長を努める黒木貞彦(くろきさだひこ)さんの前身は、昭和45年に開業した税理士事務所、税理士法人 黒木会計の社長でした。
税務書類の申告をする中で、賃貸オーナーの経営の苦しさを知り、失敗を防ぎたいと考えていました。
そこで賃貸物件の需給バランスを整えようと、貸家経営診断士と貸家経営アドバイザーの創設に踏み切ったのでした。

資格取得の認定講座

そこで平成27年から、住宅市場の現状を習得する資格〔貸家経営診断士〕と〔貸家経営アドバイザー〕をスタート。
資格取得のための認定講座も開いています。
資格者には、賃貸オーナーをサポートする、3種類のソフトウェアが無償提供されます。
資産状況を入力すると、今後の計画を立てる上での、
具体的な数字が見えるソフトウェアなのです。

新しい賃貸経営

貸家経営塾では、戸建て住宅をリフォームして貸し出す、〔RefoRent〕(Reform+Rent)といった新しい賃貸経営も模索するとともに、賃貸オーナー自らが、住宅現状を勉強する、オーナーの学校も創設。
借りる人にもオーナーにもプラスになる貸家経営を夢見て、取り組んでいます。

企業情報
会社名

一般社団法人貸家経営塾

業種分類不能の産業
事業内容住宅市場の現状やトレンドを総合的に身につける民間資格、貸家経営診断士と貸家経営アドバイザーの認定
代表者黒木貞彦
従業員数
所在地広島県広島市東区牛田南一丁目8番39号
お問い合わせ0120-3456-03
ホームページhttps://www.kashiya-keiei.jp