広島地域 8ch

毎週日曜日 あさ6時45分放送 (月曜日 深夜再放送中)

独自の価値を創造する中小企業をテレビ新広島とTSSプロダクションが総力取材

放送内容 過去に放送した番組をご覧ください。

2013.08.11 O.A.

夢は五日市をITの理想郷に 社員主体の開発力向上戦略

株式会社システムフレンド

1997年に創業した広島市佐伯区の企業、「株式会社システムフレンド」は、システム開発を中心とする企業です。 開発力を身につけられた理由は、企業としての姿勢。社員が開発したいと考えていることを、会社としてバックアップしてきたからでした。

当初の開発が、CCDカメラで免許証の写真を読込み、通行証を作成するプログラム。 まだ広島には、その開発をするための情報が乏しく、東京まで勉強に行き、その結果、完成にこぎ着けることが出来ました。 この成功の裏にも、会社としてのバックアップがあったのです。

MicrosoftのKinect(キネクト)を活用したアプリ開発を行っています。きっかけとなったのは、社員の個人的な活動。 社員の前本さんが、広島のIT開発者ユニット「シェアフル」の柳谷さんと知り合い、柳谷さんがアイデアを出し、前本さんがプログラム。 出来上がったのが、空中に描いた文字が、ディスプレイ上に表記される、「AirShodou」だったのでした。

Kinect(キネクト)の技術を取得したシステムフレンドは、新たに医療分野へと進出を始めています。 まずは、東京大学との連動で開発を進めている、「在宅リハビリ支援システム」 医師がKinect(キネクト)前で動作を行い、患者用にリハビリプログラムを作成。 患者は自宅で、医師のプログラムに従い、Kinect(キネクト)前で体を動かします。 患者の動きは端末に蓄積され、その情報を元に、医師が再度、リハビリプログラムを検討するというもの。 もうひとつが、西広島リハビリテーション病院と開発を進めている、 患者のリハビリ状態をKinect(キネクト)で取得し、症状の改善度合いを計測するシステムです。 Kinect(キネクト)技術は、システムフレンドを新たな分野に導いています。

システムフレンドは、地域とのつながりを強めています。 そのひとつが、広島工業大学との連動。バスの位置情報プログラムを学生に作ってもらっています。 学生は社会で使われるプログラムを実際に作ることが出来、 そうした経験が出来るシステムフレンドとの連動を、大学もメリットとして考えています。

さらに、地域活性のを目的とした「まいぷれ広島版」を運営。 より多くの企業、より多くの人とのつながりを持つために、システムフレンドは、活動しているのです。

企業情報
会社名

株式会社システムフレンド

業種情報通信業
事業内容●インターネットビジネス支援
 ECサイトの構築を中心に、BtoCやBtoBのさまざまなサービスの構築を行います。
●情報マネージメント支援
 オープンソースのグループウェアAipoやCMS Drupalを利用した情報共有のシステム化を支援しています。
●ソフトウエア開発
 企画段階から実際の開発と運用に至るまで一括でお任せいただけます。
 スマートフォンアプリ開発やKINECTアプリなどニッチなジャンルでも対応できます。
●地域情報サイト「まいぷれ広島」の運営
従業員数22名
年商1億5,000万円
所在地広島県広島市佐伯区五日市駅前3-3-14
お問い合わせ広島本社: 082-943-9530 東京支社: 03-5719-3561
ホームページhttp://www.systemfriend.co.jp/