広島地域 8ch

毎週日曜日 朝6時45分放送

独自の価値を創造する企業をテレビ新広島とTSSプロダクションが総力取材

放送内容 過去に放送した番組をご覧ください。

2019.01.27 O.A.

徹底した経営戦略で業界をリード

株式会社NIIZAWA
お客様にわかりやすく

株式会社NIIZAWAの拠点が、軽マーケット。数多くの軽自動車が並んでいます。目に留まるのが、その価格。39万8千円という均一価格です。(販売台数の2/3)新沢社長は「一目でわかる価格、均一価格にすることでお客様に安心して選んでいただける。」といいます。国内メーカーの様々なグレードの軽自動車が取り揃えられていて、好みの形や用途から選ぶことができます。

ワンストップ

軽マーケットでは、車検のコバックを併設しています。明瞭かつ低価格、そして、自動車検査員の資格を持つスタッフを揃えるなど技術力も高めています。それらにより広島県西部を中心に年間1,600台以上の実績を持っています。自動車の販売にプラスして、メンテナンス、保険、車検などワンストップでサービスを提供しています。

内製化でコストダウン

株式会社NIIZAWAの前身は、板金塗装工場でした。44年培ってきた板金技術を活かし運営しているのがNIIZAWA PDIセンターです。中古の軽自動車は、人気を呼び、良質な中古車の仕入れが難しくなってきているそうです。そこで、小さな傷がついた状態でも仕入れて、キレイに直すことを目標としてPDIセンターをつくりました。軽マーケットで販売する軽自動車のいわば「商品化工場」です。ボディを修復した後、念入りにクリーニング。車の内装・外装・装備品の最終チェックを行い店頭に並びます。新沢社長は、「商品化の工程を内製化することでコストダウン。よりよい中古車をお客様に届けることができる。勇気を持ってPDIセンターに投資したことは、量販化の上で大きな役割を果たしている。」と言います。軽自動車への特化、わかりやすい価格設定、内製化により、年間1,200台の販売を達成しました。

新たなる展開

軽自動車の販売にとどまらず、新車のリースも行う、軽マーケット。大竹市に店舗を設けました。車両費はもちろん、車検代・税金・保険代などの維持費をほぼ全て含んで月々10,000円からの支払いで新車に乗ることができます。そして、新たに展開したのが「ハイブリッドカー専門店」です。2018年秋に、新店をオープンしました。注目は、その価格。今、人気のハイブリッドカーでありながら、中心価格を59万8千円に設定しました。新沢社長は、「59万8千円は、他社ができない価格設定。他社に勝つためには、他社がやっていないことをやっていかないといけない!」と言い、この価格を決定しました。今のハイブリッドカーは、バッテリーの耐久性・信頼性も向上し、故障も少ないので安心して乗っていただけるとも言います。NIIZAWAでは、整備士全員が、ハイブリッドカー専門の研修を受けるとともに、専用のテスター(故障診断機)も用意して万全の体制を整えています。新沢社長自身の愛車も、もうすぐ、走行10キロ迎えるハイブリッドカーです。NIIZAWAの将来像。新沢社長は「軽自動車とハイブリッドカーの両輪で走って、安定した収益を上げ、来店客数の多い店舗を作っていきたい。」と力強く語り、明確な目標を掲げています。

企業情報
会社名

株式会社NIIZAWA

業種サービス業(他に分類されないもの)
事業内容 自動車ボディー修理、自動車車検整備、自動車販売、カー用品販売、取付交換、自動車保険、レッカー
従業員数30人

所在地広島県廿日市市沖塩屋1丁目9-8

お問い合わせTEL0829-30-7225 

ホームページ