広島地域 8ch

毎週日曜日 朝6時45分放送

独自の価値を創造する企業をテレビ新広島とTSSプロダクションが総力取材

放送内容 過去に放送した番組をご覧ください。

2020.11.15 O.A.

‘正直な商売’で成長を続ける企業’

株式会社フレスタ
地元に愛されるスーパーマーケット

広島県内をはじめ、山口、岡山に63店舗を展開するスーパーマーケットフレスタ。2019年にリニューアルしたフレスタ東雲店を任されているのは植野店長。東雲店の特徴は、客層が単身者が多いこともあり、店頭にある精肉を客が選ぶと希望により調理もしてくれるサービスやピザ窯もあり、本格的なピザも買うことができます。植野店長曰く、この周辺の客層などを分析して商品作りだったり、品揃えだったりを心がけて提案しています。常に求められるのは、喜ばれる店づくりです。

商いの心得”正直な商売”

創業は、1887年。広島市西区横川にお菓子・タバコを販売する店を始めました。戦後は、果物を売りながら店主はたくさん食べてとにかく喜んでほしいことを考え、商いをしていました。現在も宗兼社長が大切にしている2つの言葉、”正直な商売”と”進取の気性”で果敢に新しいことにチャレンジしています。
創業130年を機にホールディングスとしてグループの円滑化を図ります。
さらに2020年5月、横川の地から本部機能を安佐南区緑井に移転。
同時に総菜や精肉関連の加工・製造工場を一元化し、人手不足の解消やコストの軽減などを行いました。








信頼されるブランド力の強化

フレスタでは、常に客に喜ばれる商品作りやサービスを提供しています。例えばプライベートブランド”Bimi smile”はバイヤーが産地に出向き、こだわりをもって仕入れているもの。また2020年春には人気のからあげが最高金賞を受賞しました。その特徴は、米粉をブレンドすることで油の吸収力が低くなり、時間がたってもおいしく食べられるというもの。これは、お店ですぐに食べるのではなく、家に持って帰ってもおいしさを維持できるようにとした工夫なのです。
さらに”進取の気性”魂の表れのひとつに業界ではいち早く導入した電子決済があります。
どうしたら便利にお買い物がしてもらえるかを考え、アプリを開発し、キャッシュレス時代を先陣をきって乗り切ろうとしています。

フレスタの未来像

若手を中心として20名が集められ、70周年プロジェクトチームを結成。宗兼社長は、上層部が考えるだけではなく、未来を背負う若手社員たちに期待を込めて大切な行動規範を考えるミッションをチームに与えました。プロジェクトでは4チームに分かれ新しい行動規範を提案。それを全店舗のパートやアルバイトも含めた4000人以上が投票し、選びました。
創業から”正直な商売”と”進取の気性”によりさらなる成長に向かってフレスタは動きます。

プロフィールへ

続きを見る
創業130年、地域のスーパーマーケット フレスタ。
ポイントは『事業は新鮮であること』としてみた。

宗兼(むねかね)社長に伺った。
平成3年から現在のフレスタへ、その名とマークが示す通り、新しいこと楽しいことを
実践しチャレンジするスーパーを目指している。

フレスタは商店からスーパーへ、その時代でいち早く転換、チャレンジをしてきた。
何事もやるなら一番にサッサとやることが大切とのこと。
そして会社の理念につながることを進めている。
スーパーはセルフサービスが基本、反面、お客様との接点が薄くなる。そこで、
店舗ごとにお客様と従業員の交流イベントを通して、地域との関りを身近なものとする。
カープイベントではあえてフォーム戦でフレッシュな選手を由宇球場へ応援にいく。
職場体験から料理教室やスポーツイベントなど多様な取り組みで盛り上げている。
昨今の状況で現在は難しくなっているのは寂しい。
では、ホームページをのぞくとどうか。賑やかなバナーで様々なサービスを提供している。
今どき話題の番組のパロディによるフェアの開催案内やキャンペーンなどを紹介、
また自社の取り組みなどを丁寧に紹介している。
生産者も消費者でありつながりも大切にする。可能な限り地域の食材を扱い、
それ以外にもこだわりの生産品を定期契約して、生産者にとっても良いものを安定して作り、
美味しいものを消費者に提供できるようにしている。フレスタは少し高い、と言われることもあるが、
美味しいものは残さず食べてもらえる。美味しい価値のある商品を届けたいとの思いがある。

IT化も地域では早い段階から取り組まれ、以前からネット販売、電子決済スマホアプリをはじめ、
最近では採用面接に24時間対応のAI面接システムを導入、新規採用者は以前から4倍以上増やしている。
注目は2001年から続くIT宅配サービス。このサービスを自社で維持するのは難しいことから普及しにくいと言われる中で、
社長からは、必要なサービスなので継続しているとのこと。これは消費者の7割は仕事や子育やご年配の方が
買い物へ行くことが難しい困っている方が多い現状に応えるサービスとして重要と見ている。

創業から130年を超えるが、これからも変わり続けられる企業でありたいとされる。
もしかしたら20年後には全く違う流通業をしているかもしれない。
『事業は新鮮であること』は企業を持続可能とする源泉となる。
企業情報
会社名

株式会社フレスタ

業種卸売業,小売業
事業内容スーパーマーケット
代表者宗兼邦生代表取締役社長
所在地広島市安佐南区緑井5丁目18-12
お問い合わせ082-207-4140