広島地域 8ch

毎週日曜日 あさ6時45分放送 (月曜日 深夜再放送中)

独自の価値を創造する中小企業をテレビ新広島とTSSプロダクションが総力取材

放送内容 過去に放送した番組をご覧ください。

2016.07.03 O.A.

ワンストップサービスで「したい生活」を実現

株式会社マエダハウジング
地域密着型住宅ワンストップサービス業

この春、経済産業省の「先進的なリフォーム事業者表彰」で全国の17社に選ばれた広島の企業があります。安芸郡府中町に本社をおく株式会社マエダハウジングです。
平成5年、水回りのリフォーム会社として創業。今では新築・不動産仲介から雑貨や家具の販売まで手掛ける『地域密着型住宅ワンストップサービス業』として事業展開を進めています。

「したい生活」を実現する細かな対応

「先進的なリフォーム事業者表彰」受賞の主な理由は「中古物件購入+リフォーム」と「空き家再活用」のワンストップサービスの提供です。

物件探し、資金計画、リフォーム…「ワンストップ」での提案と細かな対応は、顧客が『自分のしたい生活』実現することにつながります。

協力会社とも連携し、お客様にとって満足のワンストップサービスを提供してきたマエダハウジングには、顧客から「細かい要望にも心良く応じてくれ、満足してます。」という声があがります。

リフォームの専門店化

この春、マエダハウジングは「水回りリフォーム専門店リフレ」を移転オープンしました。「リフレ」は展示品やカタログで各メーカーの設備を見比べることができる水回りの専門店です。続いて6月にはリニューアルした五日市店に「GAISO広島店」をオープン。外装リフォームの専門店です。

住宅ワンストップサービス業の企業がなぜ今専門店化を行うのか?

前田社長は「今後、リフォームは専門化すると考えています。その方が、結果的にスピーディー、リーズナブル、専門的に工事ができると思っています。」と言います。

総合リフォーム業者が増える今、あえて専門店を作ることで住宅ワンストップサービスを充実させようという狙いです。

ワンストップサービスで空き家を蘇らせる

今、深刻な社会問題となっている「空き家の増加」。一昨年の発表では広島県の空き家率は過去最高の15.9%、22万戸。全国の空き家率13.5%より高い水準となっています。まだ十分耐久性のある住宅が空き家となっているのが現状です。

マエダハウジングは、今、この空き家問題の解決に取り組んでいます。

耐久性などの問題がない空き家をリフォームすると新築の約7割の予算で快適な住まいが手に入るといいます。

不動産部門がもつ空き家情報と1万件以上のリフォームを手掛けた実績。このワンストップサービスが空き家の再活用にいかしていけると考え、動き始めています。

DIY用品を扱う店舗「mame deco」

マエダハウジングは暮らしを楽しむための店舗を構えています。
雑貨やアンティーク家具を扱う「mame deco(マメデコ)」。輸入壁紙・ペンキなどのDIY用品も揃え、壁紙の貼り方教室なども行う店舗です。

「部屋の一部分に輸入壁紙を貼るだけでも楽しい空間になります。」とmame decoのスタッフは言います。

住宅に手をかけることで、住むほどに『したい生活』の場となることに気づいてほしいというマエダハウジングの思いが込められた店舗です。

リフォームで住まいの価値を高める

前田社長は言います。
「手をかけることで家に愛着がわきます。そして、愛着はとても大切だと思います。欧米のように、住まいをリフォームした分の価値が認められるようになれば住宅はもっと流通し、同時に、家に対する愛着や価値が高まっていくのではないかと思います。」と。

プロフィールへ

続きを見る
マエダハウジング
テーマ 『一緒に考えられるビジネスの強み』

マエダハウジングは先日「先進的なリフォーム事業者表彰」を経済産業大臣から受賞している。「先進的なビジネスモデルが市場を開拓していく可能性を高める」ことが表彰の狙い。

人口減少、少子高齢化により、将来新築市場が厳しくなることが予想される。
住宅のリフォームの活性化が期待されるなかで、消費者の住まいのニーズに対応し、独自のビジネスモデルで強みを有するとして選ばれている。
それは国が消費者へ安心できる業者であることを示した、といえる。
マエダハウジングの思い、情熱が表彰に至ったのだろう。

お客様の「したい生活」は100人100色、様々なであろう。
私も新築やリフォームの経験があり、悩んだ経験がある。

お客様の「したい生活」に応えるために、
前田社長はお客様との対話と建築業界の課題を解決することを常に考え、
大切な家族の健康や将来のため「安心・安全・信頼」を念頭に置く。

ひとつは、地域密着であることは大切なお客様とずっとお付き合いしたいとの願いからである。
不動産売買から新築、空き家買取、水回りリフォーム、雑貨・家具販売と、
本当のワンストップ事業になるべく、理念である『お客様の満足、社員の幸福、地域への貢献を同時に実現する』ことを実行することに注力しているのだ。

2つ目は、マエダハウジングのワンストップ事業にある。
ポイントは社内の連携にあり、各部門を専門店化することでわかりやすくするとともに、社員の都合で誤った競争とならないように配慮し、全社内で最適なサービスにつながるよう努めている。

3つ目は、理念を定着させる人材育成がすごい。
マエダハウジングカレッジとして、新入社員や中途入社社員にマエダイズムを浸透させるために20日間に及ぶ教育を行っている。
社員には建築業界未経験者が多いそうだ。そのニュートラルな社員だからこそ理念を浸透させ、先輩社員が後輩社員に伝えていく教育が生きる。これによってお客様の『したい生活』に様々な視点から最適な提案ができるようにしているのである。
カレッジには卒業するために網戸販売研修をするそうである。売込み・契約・製作・取り付け・検収と一連の業務を通して行い、お客様・作り手・売り手の思いをすべて理解できたかを確認する。なかなか面白い。

このようにマエダハウジングのビジネスモデルは見えるところ、見えないところでお客様の悩みに応えるべく先へ進もうという熱意があらわれている。

余談であるが、前田社長は機械工学部出身でエンジニアだったそうである。
いろいろな経験を経てリフォーム業界で独立、マエダハウジングを設立したそうである。
建築業界は機械工場のようにモジュール化・標準化・平準化が難しいが、だからこそ従来のビジネスモデルや現場改善のためにナゼナゼを繰り返し、効率化・生産性向上・サービス向上に取り組んできたのだそうだ。現場ではIT化を推進し変更図面はいち早く営業も職人も共有するとのこと。どの業界も人手不足は深刻である。人材教育とともに社内効率化にIT戦略は欠かせない。
異業種の考え方を入れていくこと、ナゼナゼを繰り返すことがビジネスにとって改めて大切であることが垣間見れた。
企業情報
会社名

株式会社マエダハウジング

業種建設業、不動産業,物品賃貸業
事業内容住宅リフォーム、新築の設計、施工、管理、不動産売買仲介
従業員数64名
年商17.5億円
所在地広島県安芸郡府中町鶴江1丁目22-6
お問い合わせ082-285-8510
ホームページhttp://www.maedahousing.co.jp/